IVRとは

IVRは身体への負担が少ない先端の放射線治療です。

IVR(インターベンショナル・ラディオロジー)は、X線などの画像診断装置を用いて体内の状況を把握しながら、体の表面の小さな穴から体内にカテーテルその他の特殊な器具を挿入して治療を行うものです。
体を切ることで直接病巣を見ながら治療する外科的治療に比べ、体への負担が少ない低侵襲治療である点が特徴です。当院では、各科の医師との協力体制のもとに、治療法の選択、治療、その後の経過観察を行っています。主な治療内容は以下の通りです。

東芝 IVR-CT

動脈塞栓術

腫瘍の治療や、出血を止めたり予防するために行います。

脾臓外傷の例
損傷部に一致して造影剤の漏出が認められます。
損傷部に一致して造影剤の漏出が認められます。
対象となる疾患
肝臓がんなどのがん、消化管出血、喀血、外傷による出血(肝破裂、脾破裂、腎破裂、骨盤骨折)、子宮筋腫(UAE)など

動注療法

動脈に、抗がん剤などを直接注入する治療法です。血管造影の手技を用いて病変近くの動脈までカテーテルを誘導して抗がん剤を注入します。治療を外来で繰り返し行うことができるように、カテーテルとポートと呼ばれる医療器具を体内に埋め込む手技を行ってから治療を行う場合があります。

対象となる疾患
肝臓がん、頭頚部がんなど

CTを利用した生検、経皮的ドレナージ、
椎体形成術、ラジオ派焼灼療法

CTを用いることによって正確に針などの器具をに病変にすすめて検査をしたり治療をします。

椎体形成術のイメージ写真
病変内に針を進め、骨セメントを注入し椎体の補強をします。
胸椎転移の症例
病変部にセメントを注入し、疼痛の軽減が得られました。
腎がんの症例
当院泌尿器科との協力体制のもと、従来の手術が困難な方々にも積極的にラジオ波焼灼療法を施行しています。
ラジオ波焼灼療法後のCT
病変は造影されず治療は成功しました。
対象となる疾患
肺腫瘍、骨腫瘍などのCTガイド下生検、膿瘍に対するCTガイド下ドレナージ、椎体の圧迫骨折に対する椎体形成術、肺がんや腎がんに対するラジオ波焼灼療法

中心静脈栄養ポート留置術

栄養補給や薬剤投与のため長期間にわたって濃い点滴をしたり頻回に点滴する必要がある場
合、カテーテルとポートと呼ばれる器具を体内に埋め込む手技を行い、入院だけでなく外来
や在宅での点滴治療を行うようにできる治療です。

経皮的血管形成術(PTA)

腎動脈狭窄に伴う腎血管性高血圧症や、下肢動脈閉塞に伴う下肢の疼痛などに対して、風船のついたカテーテル(バルーンカテーテル)やステントと呼ばれる金属性の筒を用いて血管形成を行っています。

高度の腎動脈狭窄を認めます。
バルーンカテーテルで拡張しながら、ステントを留置しています。
腎動脈の拡張に成功しました。