一般の方へ

放射線の人類への利用は、1895年のレントゲン博士によるX線の発見に始まります。X線は物質を透過する性質があり、これを利用して体の中の構造を画像に映し出すX線診断に用いられます。また、物質中で荷電粒子を生じたり核反応を起こして電離を起こさせる力を持っており、これが放射線治療に応用されます。
放射線科はX線などを用いた画像を通して、臓器にとらわれることなく患者様の病気の診断をする画像診断、画像ガイド下に低浸襲の外科的治療を行うIVR(インターベンショナルラジオロジー)、高エネルギーの放射線を体に照射することにより、切らずにがんなどを治療する放射線治療を行っています。

画像診断部門

X線写真、CT、MRI、血管造影、核医学検査などの画像診断を行います。
各診療科の医師と検査の適応や検査法を相談したり、撮影された画像を読んで報告書を作成するのが主な役割です。適切な画像診断は医療の質を保証する第一歩であり、岩手医科大学放射線科では、画像診断に必要な画像解剖や病理などについて専門のトレーニングを受けた医師が読影を担当しています。

画像診断部門

IVR

血管造影、CT、超音波などの画像ガイド下に、カテーテルや専用の針などを病巣まで誘導し、薬剤を注入したり、血管をつめて止血をしたり、逆に狭くなった血管を広げる治療を行っています。扱う疾患はがんだけではなく、外傷や血管疾患など多岐にわたります。多くは局所麻酔のみで行うことができますので、低浸襲の治療です。

IVR

放射線治療部門

ライナックを用いた外照射や中枢神経の腫瘍に対する定位放射線治療(エックスナイフ)、前立腺がんに対するヨード125 永久刺入療法、子宮がんの腔内照射などを行っています。放射線治療は、外科治療に比べて浸襲が少なく、臓器の形態、機能を温存することができる局所療法です。

放射線治療部門