学会報告・臨床試験のご案内

田村明生先生がRSNA2020で受賞されました。

 

田村明生先生がRSNA2020で受賞されました。おめでとうございます!

 

田村先生から一言

今回受賞した演題「大腸癌肝転移:術前化学療法後の画像所見と病理所見について」は、共同演者でもある獨協医科大学病理診断科 石田和之先生との術前化学療法後の大腸癌肝転移の評価についての共著論文(Correlation between CT morphologic appearance and histologic findings in colorectal liver metastasis after preoperative chemotherapy. Abdom Radiol (NY). 2018 Nov;43(11):2991-3000. doi: 10.1007/s00261-018-1588-y.)を、画像診断的な視点から解説する内容が主軸となっています。分子標的治療薬の登場以降、RECISTに代表される単純なサイズ計測による治療効果判定は限界が知られており、今回サイズ以外に治療効果を反映する所見について呈示をしています。大腸癌肝転移には術前化学療法を反映する組織像が存在し、化学療法のレジメンによってその組織所見は異なります。画像診断的にもそれぞれの組織像に対応した画像所見の変化が様々あり、治療効果の判断に役立てることができると考えています。

今回の発表にご協力いただいた先生方に深く感謝申し上げます。今回の受賞を励みに、さらに精進を続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家子義朗先生が土井賞(優秀論文賞)を受賞されました。

2021年4月16日に、家子義朗先生が土井賞(優秀論文賞)を受賞されました。 おめでとうございます!! 家子先生より一言 Radiological Physics and Technology誌において、論文「The i more

「前立腺導管癌及び小細胞癌の放射線治療に関する調査研究」のお知らせ

前立腺導管癌及び小細胞癌の放射線治療に関する調査研究 1.研究の対象 研究に参加していただくのは前立腺の導管癌、小細胞癌という病気の患者さんで、岩手医 科大学附属病院放射線治療科において 1996 年 1 月 1 more

「人工知能を用いた大動脈瘤の画像診断補助および臨床意思決定支援システムの確立」の研究のお知らせ

人工知能を用いた大動脈瘤の画像診断補助および臨床意思決定支援システムの確立 1.研究の対象 2011年4月1日から2019年9月21日までの間に当院で大動脈瘤および循環器疾患以外の精査目的にCT撮像された方   more

『腹部CT画像におけるコントラスト向上を目的とした後ろ向き画像解析研究』のおしらせ

1.研究の対象 岩手医科大学において2017年4月1日から2020年4月1日までに腹部実質臓器腫瘍が疑われ、Dynamic CTが施行された方を対象としています。 2.研究期間 2020年4月2日~2022年4月1日まで more

次の5件へ >>